2013年

8月

21日

テレビに映りました★

先月7月末、岡山市クレドで開設された、夏休み限定の『段ボール遊園地』に行って来ました

・・・と、そこに偶然、KSB(岡山・香川のローカル局)のカメラが!

 

はじめはあまり気にせず遊んでいたのですが・・・。

 

ふと見ると、主人と子供たちを、カメラマンの方が至近距離で撮影しているではないですか!?

←こんな感じ(笑)

 

 

『これはテレビに映るかも・・・』と、その日以来、毎日夕方のローカルニュースを録画&チェックすることに(^^;

 

でもいっこうに放送されないまま20日余りが過ぎて行きました(泣)

 

『もう放送されないかも』と諦めかけていたら、今日やっと放送されました☆☆☆ 

 

ばっちり映っていましたよ~(^^)v (動画はこちらから)

 

この段ボール遊園地、幼稚園~小学校低学年くらいまでのお子さんには本当に良いと思います。

興味のある方はぜひ行ってみて下さいね(^^)

2 コメント

2013年

8月

16日

ピアノ教室の看板を手作りしました!

拡大は画像をクリックして下さい♪
拡大は画像をクリックして下さい♪

今回は、ずーっと欲しかったピアノ教室の看板を手作りしてみました!!

本当はプロにお願いしたかったのですが、どんなに安くても数万円はかかってしまうので諦めていました。

 

でもその話を後輩にしていたら、『さとこ先輩ならきっと作れますよ!』と言われ、にわかにその気になってしまいました・・・(^^;)

 

そこで、ネットで色々と作り方を調べていたら、私でも何とか作れそうな方法を発見! 

 

(※作り方に興味のある方はこちらをご覧下さい

 

作業はかなり大変でしたが、こういう作業もわりと好きなので、熱中してやってしまいました(^^)

 

もちろんプロのようにはいきませんでしたが、材料費は5000円程度なので合格点かな、と思います◎

 

木製のイーゼルに立てて、鉢に花を植えて飾ってみました  道行く人が目に留めて下さると嬉しいです

 

 

6 コメント

2013年

8月

10日

久保惣コンサート♪

今日、第11回目となるシリーズコンサート『わたしとピアノ』が無事終了しました

 

朝7:00に自宅を出発し、新幹線で大阪入り。その後、地下鉄や私鉄を乗り継いで移動すること4時間弱(^^;

 

11:00前にようやく大阪府和泉市の会場に到着しました

 

楽譜等が入ったボストンバッグ(体重計で量ったら約5㎏!?)に、ドレスに靴に・・・と、大荷物を抱えながらの移動は

さすがに疲れましたが、そんな大変な思いをしても、どうしてもこのコンサートに出たい理由があるのです

 

恩師に会えること

 

②お互いに切磋琢磨し合える仲間と一緒に演奏できること

 

唯一無二のホールで演奏できること!

 

このホールの素晴らしさは写真でも紹介しますが、木目に彫刻が施されたスタインウェイのピアノドーム型の天井大理石の共鳴板素晴らしい音響です!!

 

ドアのノブは竪琴のかたち・・・と、細部にまで感性が光ります。

 

2003年から続けてきたこのコンサート。  恩師、仲間、ホール・・・。私にとって、宝物のような特別な場所です

 

演奏会も、とても温かい雰囲気に包まれた、素敵なコンサートになったと思います。

ご来場くださった皆さま、心より感謝申し上げます。

6 コメント

2013年

8月

07日

バルーンアートのプレゼント★

先日、レッスンに来られたS君とお母様。  「これ、プレゼント・・・。」と、

ウサギとプードルのバルーンアートを下さいました

 

夏祭りとかで買われたのかな・・・と思ったら、なんと、

S君とお母様の手作りでした!!

 

「うさぎの方は、グレースちゃん(=我が家のうさぎ)のつもりですと。

 

シルバーのリボンを結んでもらったウサちゃんが、とっても上品でキュート♥♥♥

 

いつまでも乙女心を忘れない可愛らしいお母様と、レッスンでは寡黙なクールボーイのS君ですが、こんな特技があったとは・・・!!  いろんな事に興味が持てるって、素敵ですね(^^)

 

                           →  →  →

 

ウサギちゃんとプードルの他にも、お洒落な風船を頂きました

白い方には音符が・・・♪ こんな風船もあるんですね!

 

黄色い方は、子供達が寝静まった後、酸欠になりそうになりながら、必死で膨らませました(笑)

 

朝になり、黄色い大~きな風船を見つけた子供達は、『なにこれ~!なにこれ~!!』と大はしゃぎ(^^)v

 

S君、おかあさま、ありがとうございました♥♥♥

 

 

0 コメント